小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。シルバニアは昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事が中心になります。

つづき

 

「初期不良?」の画像添付送信への返信が7/13の15時前に届きました。 

www.chiisanasekai.work

 

先に結果だけ言うと

 

担当部署にて画像を拝見し、外観の初期的な不備を確認いたしました。
この度はご迷惑をお掛け致しまして、誠に申し訳ございませんでした。

 

よかった、2枚の添付画像でわかってもらえたんだ~。

と、安堵したものの、続きの以下の「ご案内」が…。

 

お客さまに於かれましては、シルバニアファミリーを日頃から大変ご愛顧いただいていると拝察しておりますので、ご参考までご案内いたします。
[シルバニアファミリー]のお人形は、生産工程上、並びに既定されたパッケージングにより、
どの製品にもフロッキー加工の毛並みの凹みや削れは一定程度は現れてしまう製品仕様となります。
従いまして、今後もお客さまが求められる状態のご期待に沿えない場合もあるかと存じます。

 

私は好きな物に関しては神経質になるけど

これは検品ミスでは?と思うレベルの場合だけ連絡しています。

 

例えば「ご案内」で書かれているような

パッケージングによる毛並みの癖では一度もクレームしたことない。

頭の後ろとか高確率で台紙でフロッキーがへしゃってるけど

それは工程上、仕方ないと思ってるし苦情入れた事はない。

 

洋服に因る跡でフロッキーに傷がついていてもクレームしたことないし

服に関してもちゃんと縫えていればノープロブレム。

服やリボンが歪んでるとか細かい事でクレームしたことはない。

まあ、服に関しては自分で修正できるからってのもあるけど。

 

今はそうでもないけど、昔は左右の足の長さが違うのが本当に多くて

人形では足の長さ違いで交換を頼んだことが多々ある。

服がちゃんと縫えてなかったりの縫製不良や

今回みたいに人形の顔に傷があるで交換お願いしたことは

何度かあったと思うけど、手足やボディの傷程度なら妥協している。

なぜなら、お人形は顔が命。

個人的には顔の傷に関しても「良品の範囲です」では首をかしげるけど

企業としては「少しの傷くらいは良品の範囲内なんですよ」って事なのかなぁ。

 

買ってる数も多いし運悪く不良品に当たる事も多かったので

過去に何度も交換をお願いしていますが、

毎回、買うたびに交換お願いしてるわけではないし

交換をお願いする時にはこちら側も気分がめっちゃへこむというか

極力、交換は避けたいと思っている。

 

直近で買ったカナルボートやボーダーコリーや

ハスキーファミリーやハスキー兄弟、

キリンファミリー2セット(かわいいので予備にもう1セット買った)は

問題なしだったし、

むしろ昔と違って今のシルバニアは初期不良減ったなと感心しています。

 

あ、直近だとアヒルのみつごちゃんなかよしおさんぽセットは1羽だけ

ボンネットのレース部分が縫製不良で縫えてない部分があったので

交換してもらいましたが。

 

単純に初期不良によく当たる自分の運が悪いのもあるけど

たくさん買ってれば初期不良に当たる確率も当然、上がると思う。

 

本当にシルバニアの交換方法が変わったのか、

もしやクレーマー扱いで自分に対してだけこの対応じゃないのか?とか

被害妄想的に思ったり。単なる被害妄想だといいけど…。

 

でも、画像確認後はすぐに交換品を送って頂いたので感謝です!

左側がさっき届いたばかりの交換品の子です。

右側が傷有子なんだけど顔の造作的には傷有子さんの方が好みだったかも。

わんこもだけどお人形って目と目の間が若干広めの方がかわいくないですか?

f:id:duckcar:20210714152830j:plain

 

返品するため袋に詰める前に撮影。

この程度の傷だし、やっぱり神経質だったかぁ…と自分でも思いました💧

f:id:duckcar:20210714152841j:plain

神経質な奴ですみません、エポックさん。


 

初期不良話ついでの余談ですが、ハウスに関しても少し。

今のハウスの作りは塗装ではなくなったので不良品もなくなったけど

2016年以前のハウスは塗装不良が嫌になるほど多くて、

開封する瞬間はいつも「どうか許容範囲内の塗装でありますように!」と、

悪い意味でドキドキしてました。

あの過去のハウスの鬱になるくらいの塗装不良の多さに関しても

私を含め多数の人たちからのクレームがあったからこそ

今の作りに改善したのではと思っています。

 

私、タウンシリーズができるずっと前から

シルバニアもプレモみたいに塗装ではなく色付きプラスチックでの

作りの家にすれば塗装不良のストレスもなくなるのにな~って

ブログでも書いてました。

 

その後、2017年にタウンシリーズが誕生して

新赤い屋根の大きなお家以降に発売されたハウスは

色付きプラの作りになってストレスだった塗装不良はなくなり、

おまけに窓を嵌め込む作りもプレモに寄せてきてると思ったもんです。

 

ところでタウンシリーズってもう終了したのかな?

最近は全然タウンの新商品発売されてないですよね。

デザインはすごくかわいかったから全シリーズ買ったけど

建物の奥行が浅すぎて家具をまともに置けないのが残念だった感しかない。