小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。シルバニアは昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事が中心になります。

シルバニア 和室ふたたび

 

※2014年に書いた記事の転載です。

 

また和室作りました。

実は最初、スチレンボードをダイソーで買ったんですが

ダイソーのって5mm厚で。

本で使ってるのは7mm厚なんで5mm厚だとサイズが狂ってくるから

結局7mm買いなおしたんでダイソーボードが余ってたんです。


今回は二度目で要領もわかっていたので5mm厚でも可能と

手持ちの材料で調整しながら作りました。

今回は床の間が青の部屋です。


襖も畳もブルー系。


こちらも青。


そして四畳半の方は赤。


畳も襖も赤系。


縁側はやっぱり玄関に見えます。笑


一回目に作ったのと比較すると…

はい、左右対称になるようにアレンジして作りました。


二階建て風。


最初に作ったのもサイズアレンジして作ったんで、

壁の高さが最初に作ったほうが高いです。

本の図面通りに作ると壁がかなり低いんですよね。

 

窓際に置くと日が差し込んでいい感じです。

シルバニアの正規品だと日焼けや劣化が心配なので窓際には置けませんが

自作ハウスは気兼ねなしに置けるところがイイです^^

 

前回、特にレポしてなかったんですが

壁やドアの高さと人形とのサイズ比較を。


現行品サイズや初期人形でもキツネさんまでだと問題ないんですが


初期クマさんだけは通れません…。

 

こちらは二回目に作った本の通りの壁の高さです。

低いでしょ。

 

初期クマさんには一階に泊まってもらうほうがいいんじゃないかしら

そうだね


というわけで一階にご案内。


派手なお部屋ね!!

こちらは一回目に作った方なので壁も高く作ったので

初期クマさんでも違和感ないです。

 

というわけで、もしこれから和室作る方で初期クマさんでも使うつもりなら、

扉と壁の高さを高めに計算して作るのをおすすめします。

あと、一番注意するべき点は扉の枠。

これ、ちゃんとまっすぐにカットしないと少しでも斜めってカットしちゃうと

扉をはめたときに上下に隙間ができて不細工になるので要注意です。

一回目は若干適当にカットして後悔したので

二回目はきっちり垂直になるように気を付けて

カットしたのでこの通りです^^