小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。シルバニアは昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事が中心になります。

シルバニア UK 電話ボックス

 

※2014年に書いた記事の転載です。

 

1/23にUKAmazon購入分からUK電話ボックスです。

£6.66(約1,188円

 

赤い電話ボックスっておしゃれでかわいいですよね(´∀`)

今では電話ボックス自体が少なくなりましたが…。

 

電話してる姿がかわいい~。

 

手に持ってるのは電話帳です。

 

正面から時計回りに回ってみます。

 

 

 

こういう背面にビラとか貼られてるんでしょうか??


以前レポした アナグマのポリボックス と比較。

色が違うだけで一緒です。

 

上のシールを貼る部分に好きなシール貼ったらどちらでも使えそうですが

 

アナグマ警官の制服が青なのでやっぱりポリスボックスは青って感じですよね!


電話ボックスはこちらへ置いてみました。

赤なのでちょっと街並みから浮いてるでしょうか…。

 

シール貼りました。


電話をかけるアナグマさん。

黒電話って好きです。

 

余談ですが今から30年以上昔の話。

ダイヤル電話の時代は電話番号の下1桁が「1」の番号

(例:123-456-7891等)は

最後に「1」を回さずにフックを1回押すとそのまま電話が繋がって

通話料金が無料になるという話だったんですがあれは本当だったのでしょうか。

下一桁が「1」の番号にかける際、私はいつもこの方法でかけてました。

でもこのかけ方は当時でも知らない人多くて

当時に周りの友達に教えても信じてもらえなかったです。