小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事も多いです。

1月の購入品で後悔したもの

 

1月も好きな物を思うままにあれこれ買ったんですが

(ブログで紹介する予定がないのも多々あります)

その中で一番後悔したというか

買わなきゃよかったなと思ったのは

ダントツでリーメントの薔薇の国の宮殿です。

www.chiisanasekai.work

 

予告が出た時は大好きなベルばらを連想させる豪華な雰囲気に見惚れて

すぐ予約して買ったんですが、

期待が高すぎたせいか現物を見て落胆も大きかったです。

メーカー希望小売価格と商品の品質が見合ってないと思いました。

安っぽくてクオリティが低すぎです。

 

けど、これが1つ500円の商品だったら

ここまでの落胆はなかったかもしれないです。

f:id:duckcar:20220114124130j:plain

ブログで紹介した時の写真ではわかりにくいと思ったので

薔薇の国の宮殿の紹介記事では細かく書いてませんでしたが

全8種の中でこれダメだろと思ったのは8品。

リーメントへ連絡したら着払いで返品してくれとの連絡があったので

着払いで返品したけど

代替品が送られてくるまで2週間くらいかかりました。

昔と違って今では会社の認知度も高まったので

比例して不良品対応も増えて大忙しなんだろうなとは思います。

 

初期不良対応してくれるだけありがたいだろと思う人も

いるかもしれませんがメーカーなら当たり前の対応だと思ってます。

だって物を作って売る商売なんだから。

 

数年前までは不良品の時はお詫びの気持ちみたいな感じで

粗品(ミニチュアの紙袋や付箋やメモ帳等)を付けてくれてました。

代替品だけ「ほらよ!」的な感じで送ってくるよりは

使い道ない物でも(失礼)付けてくれる気持ちが嬉しかったです。

が、今回は代替品だけで粗品も何もなし。

まあ、それが当たり前っちゃ当たり前なんですが

今迄貰ったメモも実際は使わないけど気持ちが嬉しかったし

不良品を梱包返送する手間だってかけてるのに

お詫びの印もゼロになったのかと思うと

価格は高めでクオリティが低い品を予約してまで買った自分が

残念な気持ちになりました。

 

以前は不良品の対応は先に代替品を送ってきてからの返品でした。

今回は、「不具合品は着払いで返品して、

不具合のないパーツはそのままお使いください」と言われたけど

それがテンプレ回答だとしても欠品だらけの状態では使えないです。

 

まあ、今回は色々と残念だったけど

リーメントの商品自体は昔から大好きだしこれからも買うし

予約だってしてるのもあるし。

ここ数年じゃスヌーピー関連やぷちサンプルではプチガトーとか

本当にクオリティ高くてお気に入りですからね。

 

でも物には当たりはずれがあるので

自分は運が悪いし不良に当たることが多いんだけど

問題がない状態の品に当たった人もいるとは思うし

その人たちは満足してるのではないかと思います。

それでも過去の他のリーメント商品と比べても

全体的にプラスチックの質感も安っぽかったのは事実ですが。

 

代替品に同封されていた手紙に

「製造工程上、お客様が望まれるような状態での提供は難しいです」

みたいな主旨の事を書かれていたんですが、

これってめっちゃうるさいクレーマー扱いしてるのでは。笑

届いた代替品は私的には全品まったく問題なく合格点でしたし

「傷は1つも付けるなよ!」レベルの完璧な品質を求めてはいない。

この代替品レベルを最初から売ってれば問題ないのにと思いました。

とにかく検品が杜撰すぎる。