小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。シルバニアは昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事が中心になります。

帝国の城のレポ続き

 

※2014年に書いた記事の転載です。

 

昨日はごちゃごちゃでザックリしたレポだったので今日は詳細レポをします。

 

作業テーブルの上を半分片づけて(隣室へ移動させただけ)

そこに城を置きました。

このテーブル180㎝×90㎝サイズなので

かなりでかいこの城でも置けちゃいます。

まずは城の後ろ側全面図。


そして前から


橋を降ろして


門の向かって右側の扉のこの黒い部分を右へスライドさせると


鍵が開きます~真ん中の黒い鍵の部分が見えなくなってます。


中へ入って


時計回りにぐるっと一周してみます


城壁向かって左部

 

角部分

 

牢屋の扉


アーチの下は特に何もない部屋ですが灯り取りの窓がないので暗いです。


アーチの横の扉は中の部分と繋がってます。

階段上がると王宮の中へ行けます。


向かって右側の城壁


門の横の角にはお馬さんがいます。


そして門塔の部分を内側から見るとこんな感じです。


左側からの図


右側からの図


これ、どんだけでかいかというと

こないだ買った中世の美術館と監獄がまるっと城内に入っちゃいます。


横から。


ゾウ夫妻に城主モデルになってもらいました。


窓から謁見。


玉座に座る王様


このシャンデリアのヒモ


ここに巻きつける事で上げ下しできます~

これは取説にも書いてなかったので自分で発見しました!(えらそうに)


ゾウさんにはゴールドの王冠の方が似合いそうです。

この王宮の下部分が後ろ側からも開くとよかったと思います。

今のニューモデルの城は後ろ側も開く設計なんですよ~~。

欲しい…欲しい…置く場所ないけど欲しい…。