小さな世界

かわいいものが大好き。メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。昔のブログから手動で引っ越し作業中の為、過去に書いた記事も多いです。

パイロゲン★賞味期限1年7ヶ月経過★

 

イメージ 1

本日のお品:パイロゲン

 

先日実家へ帰って自室を物色してたら
いやな予感的中で部屋の隅から出てきたパイロゲン…。

 

パイロゲンとは数年前に
健康オタクの友達に婦人科系の病気の不安を語ったときに勧められるままに
買ってしまった結構お高い健康飲料のよーなもの。
彼女曰く、
パイロゲンはモンドセレクション受賞のなんにでも効く万能なお酢のドリンク。

 

軽い火傷跡やウサギに噛まれた時(彼女は飼いウサに噛まれたらしい)とかにでも
パイロゲンを塗ればあっちゅーまに完治すると力説されたやや胡散臭いドリンク…。

 

そんな高価なもの買っておいてわたしは呑まずに放置していたのだ。

 

こないだその友達から
「8月に三重に彼氏と旅行へ行ってきた」との内容のメールがきて、
ふーんって思ってたら「パイロゲンの工場にも行った」とのくだりを目にして、
ハッ!!と思い出したのだ…。l

 

そいえば、数年前にパイロゲンとやらを確か買わされたのを
わたしは飲んだろうか?? と。

 

全然呑んでなかった…賞味期限を見ると2005年1月31日となってある。

 

裏を見ると、「保存料も何も使用してない」と明記してあったから尚更、
賞味期限が2年近く過ぎたこのお酢飲料を飲むのはこわかった。

 

が、健康を害することよりもパイロゲンに払ったお金を無駄にする方が
勿体無いとゆー思いのが勝ち、わたしは意を決して呑んだ。

 

最初、母に
「ちょっと賞味期限切れてるけど飲んでみない?」ってたずねてみたら見事に
「捨てろ」と一喝されたのだ。

 

結果…お酢だから味に異常は感じられなかった。

 

まだお酢ドリンクの味がした…。

 

ちょびちょび飲みつつも思考は大丈夫だろうとゆー域に達し飲み干した。

 

そしておなかも下してない。

 

結果…パイロゲン賞味期限1年7ヶ月強経過はまだまだいけるみたい。



余談:
夫と病院に行ってきたのだ。
検査結果は…尿管ではなく腎臓結石だったのだ。
大昔にできた結石がどうやらいきなり移動して激痛が起こったらしい。
治療法としては、3日間の通院の破砕治療で石を砕くか、
痛みが治まってるならそのまま放置か。

破砕治療は3日で3割の保険適用で約6万。
でも痛みが治まってるからといってほっといても
また10年、20年後に再発したときにどうせ費用はかかる
うちは貧乏なので6万(こないだの病院代入れたら7万)ごときの治療費でも
いきなりな出費はキツイ。
なんだか他にもちょっと気になることも出てきて、
ううう…って感じな気分なのだ。