小さな世界

かわいいものが大好き。メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。昔のブログから手動で引っ越し作業中の為、過去に書いた記事も多いです。

映画 夜の来訪者

 

昨日はアマプラで「夜の来訪者」というイギリスのドラマ映画?を見ました。

いかにもBBC制作ぽいなという内容なんですが。

舞台は1910年代のイギリス。

ダウントンアビーと同じ時代のお話なんですが

私、イギリスのこの時代(19世紀末~20世紀初頭)の話好きです。

 

1912年、

貴族ではないけど富裕層の家柄のバーリング家では長女(シーラ)と

バーリング家が仕事でライバル関係にあったクロフト家の息子(ジェラルド)の

婚約パーティーをしています。

「政略結婚みたいな感じか?」と思ったけど

ジェラルドは本当にシーラを愛している様子。

ちなみにシーラは中の下レベルの容姿の女性で美しくはない。

どちらかというと不細工寄りかも。

 

バーリング家の当主(シーラの父親)は工場経営主のようです。

金持ちだが貴族ではなく、なんとなく成り上がりのような横暴な男で

「もうすぐ自分にナイトの爵位が与えられるかもしれない」とウッキウキです。

 

そんな婚約を祝う席に夜間、突如、グール警部と名乗る者が訪問します。

なんの用かと思えば、グール警部は

「エヴァ・スミスという若い女性が自殺をし、

彼女の日記を読んだところバーリング家が関わっている」と言い出し、

婚約パーティーの席にいた婚約者ジェラルド含むバーリング家全員

ひとりずつに自殺した女性の写真を見せ、

写真の女性に見覚えがある家族全員から話を聴きだします。

 

そう、バーリング家の家族全員と長女の婚約者も

亡くなった女性エヴァに過去に係っていたんです。

エヴァはバーリング家の人間のせいで自殺したような感じです。

 

宴の席に居たひとりひとりが亡くなった女性との関係について

語りだします…。


www.youtube.com

そして、突如訪問したグール警部とは何者なのか。

 

 

これ、

「え、本当にどういうこと??」と首をかしげる映画だと思います。

グール警部が本当に何者だったのかわからないんですよね。

そして時空のゆがみ?があったかのような結末…。