小さな世界

かわいいものが大好き。メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。昔のブログから手動で引っ越し作業中の為、過去に書いた記事も多いです。

映画 アクリモニー: 辛辣な復讐

 

昨日はアクリモニーという映画を見ました。

これ、2018年にアメリカで公開された映画なんですが

日本未公開で最初ネトフリで配信されていたみたいです。

私はアマプラで見ました。

 

内容をひらたく説明すると妻が別れた元夫に復讐するお話。

 

物語の冒頭は主人公メリンダが心療内科のようなところかな?で

カウンセリングを受けているシーンから始まります。

元夫への恨みつらみをタバコをふかしながら軽快に語りだします。

「何から話せばいい?じゃあ最初から話そうか。」

 

メリンダと元夫(ロバート)との出会いは大学在学中。

同大学で機械工学を専攻しているロバートと

急いでいる時に偶然、構内でぶつかったのがきっかけ。

ロバートは貧乏学生で奨学金を受けながらトレーラーハウスで生活しています。

 

ほどなくしてメリンダの母親が亡くなり

メリンダは結構な遺産(日本円で数千万)と大きな自宅を相続します。

働かずに研究ばかりやっている貧乏学生のロバートは

なんやかんやとメリンダの遺産を食い潰していくことに。

 

大事な母からの遺産のお金を吸い取られるように尽くしているのに

ロバートはダイアナという女性と浮気してます。

浮気を察したメリンダはトレーラーハウスへ様子を伺いに行き、

トレーラーハウスの中に女がいるとわかると

乗ってきた車ごと何度もトレーラーハウスに体当たりして

トレーラーハウスをひっくりかえします。

それが元でメリンダも重傷を負い、子宮全摘出処置となり

一生子供が産めない身体になります。

 

そんなことがあってもメリンダは浮気を反省するロバートを許し

姉たちに猛反対されてもロバートと結婚します。

 

が、結婚後もロバートは仕事もせず研究ばかりで

家計を支える為に働くのはメリンダだけ。

メリンダは昼は事務の仕事、夜は清掃の仕事をして1日中働き詰め。

ようやくロバートが大学を卒業したので

これでようやく少しは楽になると思ったメリンダでしたが

ロバートはどこの就活もことごとく断られています。

なぜ就職を3社も断られるのか、ロバートに理由を聞くと、

メリンダに黙っていたけど

実は過去に犯罪を犯して犯罪歴があるからだというロバート…。

犯罪歴があるからどこにも就職できないと言う。

 

就職できないのでロバートは自分の発明した電池を

大企業に売り込みに行くのですが、企業からは面会すらずっと断られます。

そこへ、昔の浮気相手のダイアナがその企業の社長秘書に昇格したことを知り、

ロバートはダイアナに社長にとりなしてくれるように頼み込みます。

 

お金がないのでロバートはなんとメリンダの自宅を抵当に入れて

借金をしてほしいと頼む。

メリンダの母が一生懸命働いて手に入れた大事な自宅を抵当に…。

メリンダは姉たちには内緒で自宅を抵当に入れ借金して

その後、借金返済できずに自宅を取られる状態に陥ります。

 

自宅が抵当に入っている事を知った姉たちの紹介で

ロバートは3週間限定だからと配送の仕事につきますが

その大事な配送の仕事中にダイアナから電話があり、

「社長があなたの発明に興味を持ったからすぐ会社に来て」と言われ

配送の仕事をほっぽりだして面接へ向かいます。

 

ロバートが配送トラックをほっぽりだしたことを知った姉たちは

放置された配送のトラックを取りに行くんですが

トラックの運転席にダイアナの財布があるのをみつけ、

またロバートが浮気していると思いメリンダにチクります。

 

ダイアナの財布を見て、また浮気だと思ったメリンダは

「もう離婚する…。」

 

ようやく離婚に踏ん切りがついたメリンダ。

 

が、離婚直後にロバートの研究が大当たりしロバートは大金持ちになります。

メリンダの勤務する会社にロバートは花束と1000万$(日本円で10億円超え)

の小切手と買い戻したメリンダの自宅の鍵を持って会いに来て、

「今迄自分に尽くしてくれたお礼だ」と言い、手渡します。

 

20年間散々自分のお金を吸い取られ貧乏生活に耐えて尽くしてきて

自分と別れたとたんに大金持ちになった元夫。

その後の顛末がメリンダの心をズタズタにするのですが。

おもしろい映画でした。


www.youtube.com