小さな世界

かわいいものが大好き。メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。昔のブログから手動で引っ越し作業中の為、過去に書いた記事も多いです。

映画 隣の影

 

U-NEXTで「隣の影」という映画を見ました。

rinjin-movie.net-broadway.com

隣人トラブルのお話です。


www.youtube.com

 

物語のはじまりはこのお話の諸悪の根源である婆さんの息子(次男)が

昔の彼女とのエロ動画をこっそり見ているのを妻に見られ

激怒した妻に家を追い出され実家(庭に大木のある方)へ

舞い戻ってきたところから始まるんですが。


とある老夫婦の庭の1本の大きな木が隣家の庭に影を落とし

隣家の庭に日が当たらない。

その件で大木の主の隣家の爺さんに「木をなんとかしてほしい」と

日陰になっている隣人が頼むのだが

隣家の爺さんは「剪定する」といいながらも行動に移さない。

その爺さんの妻(婆さん)がやっかいな人間だったのだ…。

 

爺さんが「剪定するから業者を呼んだ」と妻(婆さん)に言うと、

妻は「あの木は誰にもさわらせない!」と怒り心頭。

「隣人は後妻を迎えてから日が当たらないとか文句を言いだした。

前の奥さんの時はそんなこと言わなかったのに。

あの女(後妻)が悪い。」と婆さんは言い出す。

 

日が当たらないんだから剪定くらいすりゃいいのにと思うけど

とにかく底意地の悪い婆さんで。

その婆さんの息子(長男)が家を出て自殺して亡くなったみたいなので

婆さんの底意地が悪いのはそれも関係あるのかもしれないが

あの底意地の悪さは根っからのものだろうとも思える。

 

とにかく、婆さんのせいで木のこと以外にも

色々トラブルが続いて結果的に悲劇というか惨劇が起ります。

 

後味の悪い映画でしたがとにかくあの婆さんが諸悪の根源でした。

 

ネタバレになるので詳細は書けませんが

婆さんが隣人の犬にした行為でもう見ててむかついてむかついて

私が隣人ならあの婆さんをボコボコにしてると思いました。