小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。シルバニアは昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事が中心になります。

【タイムスリップグリコ第2弾】ミシンとステレオ

 

※2014年に書いた記事の転載です。

 

昨日のタイムスリップグリコのだるまストーブつながりで今日は

タイムスリップグリコ第2弾から2種のご紹介です。

 

まずはミシンから。


昭和の足こぎミシンです。


子供の頃に自宅にあったミシンはこんな感じでした。

下が観音開きの戸棚になってる形のミシンだったので、

かくれんぼの時によくこのミシン台の下に隠れてました。

その後、業者に頼んで棚を取り外してもらって

足がむき出しのこういう形になり、

またまた年数が経過してから業者に頼んで今度は土台を取ってもらって

現代みたいなコンパクトミシンに改造してもらってました。

(それでも超超重たかったです)

その時に台座はおそらく処分したんだと思いますが

現在、昭和のミシン台とかアンティーク扱いになって

高額取引されてるので勿体なかったなぁと思います。


油差しと雑巾。


サイズはシルバニアミシンと比べるとご覧のとおりかなり小さいサイズです。


赤ちゃんにちょうどいいサイズかな。


幼稚園に持っていく雑巾を縫いましゅよ~~


くぅ…足が…届かないから手回しでしゅ…あせ

 

ちなみにシルバニアの赤ちゃんミシンと比較するとこのくらいです。


どっちが好きでしゅか?

 


お次はナショナルのステレオです。

これ見た瞬間、

「みんな~うちじゅう~な~んでも~ナショ~ナ~ル~♪」という

昭和のCMソングを思い出しました。

現在は海外向けのパナソニックに社名統一しましたが

未だにパナ製品の事をナショナルとか松下って言う事ある。


組み立て図。足が細いので下手すりゃ折れそうです。


どっちも新品未開封だったのですが

未開封なのになんで中の商品がわかってたのか謎です…。


このタイプのステレオも記憶にありますが渋いですね!!


ドーナツレコード。

レコードに代わりCDが世に出たのが私が高校生の頃でしたが

高校の頃まではCDデッキもまだまだ普及してなかったので

普通にレコードを買って家のステレオで聴いてました。

ちなみに80年代の日本はアイドル全盛期でしたが

私は洋楽好きだったので当時買うレコードも全部洋楽でした。

今でも80年代の洋楽をよくyoutubeで流してます。


オープン。


ちゃんと付属のレコードをセットできます!!


針もちゃんと落とせます!!


昔のステレオやテレビって家具扱いだったので木目調が多かったんですよ。

今またこういうレトロなのが人気あったりしますよね…時代はめぐる。


裏側。

よくできてます~子供の頃思いだして懐かしいです。


サイズはやはり小さ目なんですが

アナグマ女子と比べるとこのくらいなので

シルバニアに使えないこともないです。

でも、ランプスタンドのサイズを見ると

いかに小さいか理解りますね。

 

<小さ目サイズなのでもぐもぐファミリーへ>


懐かしのヒットソングは最高だな!!