小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。シルバニアは昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事が中心になります。

マックハッピーセット こえだちゃんと木のお家

 

※2014年に書いた記事の転載です。

 

数か月前にマクドでもらったハッピーセットのこえだちゃん。


こえだちゃんは私が小学生の頃に発売された玩具なので40年弱前です。

当時、エレベーターが付いた木のお家が子供心にもツボすぎて

すごく欲しくて欲しくて親にしつこくねだり、

おもちゃ屋さんでもしつこくねだるという技も使いましたが

買ってもらえず…。

うちは両親どちらの祖父母も親が幼少時に亡くなってたので

世間でいう「じじばばに買ってもらえる」という

特典もなかったんですね。

 

 

なので自分で段ボールで貧乏ハウスを作り、

こえだちゃんは人形も持ってなかったので

リカちゃんサイズより少し小さ目サイズの

キャンディキャンディの人形で遊んでました。

アライグマのクリーンが一緒に付いていた人形。

今思い出しても子供の頃の自分の

「貧乏の家の子ならではの努力」が涙ぐましいです。

キャンディ人形も今ではアンティーク扱いで

ものすごいプレミアついてるので大事にとっておけばよかったです。

 

そして自らの体験で実感してるんですが、

子供の頃に物欲に関してあまりに厳しく育てられると

大人になるとその反動がすごい…。


ハッピーセットのこえだちゃんのこのアイテムは

扉をあけると「こえだちゃ~~ん!」という音声が流れる仕組みです。

正直うざいです。


見た目はかわいいんですが


扉をあけるとこえだちゃんがウェルカムポーズでおでむかえしてます。

そしてスイッチをオンにしてると「こえだちゃ~~ん!」と音声が鳴りますが

うるさいのでスイッチはオフにしました。


<アナグマ女子に>

 

こえだちゃんハウスだ!!


<「こえだちゃ~~ん!」

…エレベーターとかついてないのね…。


広いはずの庭に置き場所のない馬車とか置いちゃってるので

災難なアナグマ家。

でも大人になってからはこえだちゃんは欲しくもなくなりました。

リカちゃんやジェニーちゃんは大人になってもまだ欲しくて買いましたけど。