小さな世界

メインは好きなおもちゃの紹介です。時々、日常の雑記も。シルバニアは昔のブログから引っ越し作業中の為、過去に書いた記事が中心になります。

オリンパス マクロコンバーター MCON-P02

 

※2014年に書いた記事の転載です。

 

今日は主にカメラのお話ですので興味のない方はスルー推奨です。

そして無駄に画像多いです。

 

2/2(日)にオリンパスの2年型落ちのミラーレスを買ったものの

標準キットのズームレンズでは

思うような接写ができず趣味のミニチュア撮影には不向きで。

 

それで今回買ったのがマクロコンバーター MCON-P02 (2/28発売の新製品)です。

※マクロコンバーターは旧タイプのマクロコンバーター MCON-P01 もあります。

最初、P01を買うつもりが2月末にバージョンアップした

P02が出ると知ってこっちを予約しました。

 

P01のレビューを見ると性能的には満足だけど装着すると

ビジュアル的には残念という意見が結構多かったのですが

 

レンズカバーをはずしたところ。

カラーはブラックのみです。

 

装着。

P02は装着用のステップアップリング付属です。

※中央のギザギザの輪っかがステップアップリングです。

 

ステップアップリングは本体に装着状態でレンズだけ外したところ。

 

ステップアップリングも外したところ。

 

P02を装着するとこんな感じで思ったより違和感はなかったです。

 

では、接写の試し撮り行きます!!

モデルはこちらのサンマ焼きファミリーです。

 

こちらが標準キットの14-42mmレンズで撮影した画像。

シャッター降りる位置ギリギリまで寄ってもこのボケ。

 

こちらがマクロコンバーターP02を装着して撮影した画像。

ここまで寄れてキレイに撮れました!

背景のボケもいい具合です!!

 

お次はこちらの赤ちゃんたちのシーンから。

 

こちらが標準キットの14-42mmレンズで撮影。

一番寄れてシャッターが下りる位置まで来てこのボケ。

 

こちらがP02装着で撮影画像。

ここまで寄れます!!

 

お次はツリーハウスのスカンクちゃん。

標準キットの14-42mmレンズで寄れる範囲はここまでがギリですが。

 

P02装着でここまで寄れます!!

マクロコンバーターはマクロレンズを買うより安あがりだしお勧めです!

【2月下旬発売】☆OLYMPUS[オリンパス] マクロコンバーター MCON-P02
¥6,630
楽天

 

でもね…一番最強なのは埃入っちゃったけど

やっぱりコンデジのサイバーショットなんですよ。

サイバーショットだとここまで寄れます…。

被写体との距離が3.2cmまで接写可能なので

ほんとにすごいコンデジだと思います。

※以前のサイバーショットからこのサイバーショットに買い替える時に

一番重要視していたのが接写撮影時の被写体までの距離と背景のボケ具合でした。

 

上で比較したシマリスちゃんだと

P02装着で一番寄れたのがこのくらいが限度でしたが

 

コンデジのサイバーショットだとここまでもまだ余裕で

 

ここまでも余裕で寄れます。ヽ(*'0'*)ツ

つくづくいいコンデジですよ~~

やっぱり15,000円でも修理してもらうべきかな( ;∀;)

 

【おまけ】

シルバニア用に使ってる我が家のマットのお話です。

中途半端に余っていたグランマットで三階建てハウスに庭を作りました。


やっぱりグランマットはいいですね!!


庭ができたので隣の風車小屋ともつながりました。


風車小屋に敷いてるのはシルバニアガーデンのマットです。

※シルバニアガーデンは紹介するほどでもないかとの判断でレポはしてません。


ファームハウスに敷いてるのはダイソーの大判マットのモスグリーン。

 

下の村ゾーンに敷いてるのもダイソーマットの色違い(黄緑)

 

ツリーハウスに敷いてるこちらはセリアの大判マット。

 

そしてフェルトマット…。

というわけで、現在シルバニア用に

グランマット

シルバニアガーデンマット

ダイソーマット(大判サイズ・普通サイズ)

セリアマット 

ダイソーフェルト

の5種類を使ってるわけですが、

やっぱりグランマットを見慣れるとフェルトマットが残念に見えます…。

希望は村ゾーンは全部グランマットで統一したいところですが

予算が厳しいので我慢です( ;∀;)

 

お気に入り度でいうと、

グランマット>ダイソー大判マット>セリアマット>

シルバニアガーデンマット>フェルト です。

 

【もうひとつの交換レンズ】

こっちはもっと前に購入済みの交換レンズなんですが

大きな勘違いでこれもミニチュア撮影向きではなかったのです( ;∀;)


以下、このレンズで撮影した画像たちですが背景はかなりいいボケが出ます。















【背景のボケ具合比較】

こっちが標準キットの14-42mmレンズで撮影。

右上のセリアバイクにご注目です。

 

こちらが 45㎜ f1.8 レンズで撮影。

バイクめちゃボケてるでしょ!!


このレンズはF値1.8なので明度も高めです。

 

こちらはサイバーショット画像。

マクロは強いけどF値は高めなので暗いです。

※カスタマイズで明度高めることもできるんですが

全体的に白っぽくなるんです。


これが標準キット14-42mmレンズ画像。

サイバーよりは明るいけどF値はそんな低くないのでこの程度。


こちらが45㎜レンズ撮影。

上と全然明るさ違うでしょ!!

このレンズ、

カメラ愛好家の間では「神レンズ」と評されてるほど

評価の高い人気のレンズみたいなので、

ミニチュア撮影向きではないけど愛犬の撮影に頑張ってもらいます。笑

サイバーショットを修理に出す(約1.5万)より

交換レンズの価格のほうが高かったという…。

 

OLYMPUS ミラーレス一眼 マクロコンバーター MCON-P02

OLYMPUS ミラーレス一眼 マクロコンバーター MCON-P02

  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: Camera
 

 

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN マクロコンバーター MCON-P01
 

  

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー

  • 発売日: 2011/09/09
  • メディア: エレクトロニクス